ロードバイクを始める為に揃えた物

最初に何が必要でいくらくらいかかるものか、検討もつかなかったので、私が揃えた物をご紹介します。

 

いつまで続けれるかも自信がなかったので、基本的に必要な物を安くお小遣いの範囲内でチョコチョコ集めました

 

基本スタイルはより安くです!

 

下記がそのメモです

 

まずは身を守る『ヘルメット』

メルカリ     1550円
f:id:himasamasa:20190205073610j:image

 

 

ライト  私は田舎に住んでいるので、街灯がない場所もあるため、なるべく明るい物をと思いましたが、ロードバイクの場合盗難とかの危険性もあるので、昼間どこかにツーリングに行くくらいしかしないので、ここまで明るくなくてもよかったかなと感じてます。

しかし、早朝や夕方など、走行時、自分の走行場所など、他者へのアピールには、これくらいの明るさがあれば、問題はないかなと

ライトはないと道路交通法違反になりますので、取り付けは必須です!

 

メルカリ     3700円
f:id:himasamasa:20190205073441j:image

 

次に、ビンディングシステム!

普通の自転車でしたら、足をポンとのせて漕ぎますが、ロードバイクで、早く、そして遠く走る為には、足とペダルが引っ付いている方が、効率もよく、疲れも全く違ってきます。

最初は、足がペダルに引っ付いてる事への恐怖心がありましたが、踵を外側にクイッと広げるとすぐに外れてくれるので、まずは安全な場所(公園や土手など)で練習すれば、問題ないです。

 

ビンディングペダル (ペダルと靴を合体させる為のペダル)
メルカリ     3300円
f:id:himasamasa:20190205073515j:image

 

ビンディングシューズ44E

(ペダルに合体させるクリートという部品を取り付け出来るシューズです)
ヤフオク     6591円
f:id:himasamasa:20190204074934j:image

 

クリート(ペダルに合体する部分)
アサヒサイクル  1980円
f:id:himasamasa:20190205073925j:image

 

次にサイクルコンピューターです

これは安い物から高級な物までありますが、最低限、ケイデンス(ペダルを漕ぐ回転数)を測定出来る物を最初から購入してる方がいいです

私の場合、数値化された物を見るとモチベーションが上がるので、スマホと連動し記録出来る物の方がいいと思います。

遠出した時の走った距離と地図のルートをみると頑張ったやん俺!ってテンションめっいゃUPしますよ!

 

私も最初に使ってたのは、速度だけが見れるかなり安い物でしたが、走るうちにケイデンスを安定して漕ぐ方が疲れにくいって教えてもらい、ケイデンスの計れるタイプに変更しました。

 

サイコン、ホルダーセット(⬅型落ちモデル) 
メルカリ     7660円

f:id:himasamasa:20190204075100j:image


夏シーズンだけでなく、冬場にも必須なドリンク!

ドリンクホルダー2個

スポーツデポ   2つで1768円

 

 

サイクルウェア下
サイクルウェア上
Amazon     4180円
         3480円
f:id:himasamasa:20190204075140j:image

 

サドルバッグ
アマゾン     1480円

f:id:himasamasa:20190204075214j:image

 

LED尾灯   これも道路交通法で必須です

スポーツデポ    999円
f:id:himasamasa:20190206112641j:image

 


サイクルボトル
スポーツデポ   
f:id:himasamasa:20190206112735j:image

 

冬用グローブ    2980円
冬用ウェア     4680円

 

以上が最初に揃えた物です。

 

あと最後にモチベーション維持や、いろいろ教えてくれ、励ましてくれる、先輩や仲間がいれば、尚楽しいです

 

私は、最初一人で走っていましたが、よほど自分に対してストイックでない限り、続けるのは困難ですし、向上しない為、心が折れてしまいます

 

そこで手を差しのべてくれたのが、会社の先輩です!


f:id:himasamasa:20190206142310j:image

意外と自転車を趣味にされている方はいらっしゃいます!

 

会社でいなければ、道の駅みたいなサイクリストが立ち寄る場所やショップなどで、見つける事ができるので、そういう所で探してみるのも楽しいかもです!